「ごめんちゃい」。

7月30日。もう我慢の限界に達していたので、髪の毛を切る。視界は良好だが、前途は多難か。今現在、まだ切る髪があるだけよしとする。

* * *

7月20日。『美しく青く』@シアターコクーン。トイレに行こうと思って下りのエスカレーターに乗ろうとしたら、真横にある上りのエスカレーターから田名網敬一が下りてきて驚く。このエスカレーターで有名人に遭遇するのは、2回目なり。キャストは豪華で熱演なのだが、芝居それ自体には、なんとなくモヤモヤしてしまう。ワシはやはりwell-madeな芝居が好みなのでしょうな……。銀粉蝶さんのカーテン・コールでのたたずまいに感服する。

* * *

7月14日。『キネマと恋人』@愛知芸術創造センター。初演はキャストのひとりがインフルエンザにかかり公演中止で見られず、再演の東京公演はチケットが当たらず、12日の名古屋公演のチケットをおさえたものの、某会議のために行けず(某会議があることを失念しておりやした。このチケットは後輩氏のところにもらわれていきやした。後輩氏も満足してくれたので里子に出したかいがありやした。)、14日の名古屋公演のチケットをとり直してようやく見ることができたしだいなり。ようやく見られた芝居は完成度が高く、大いに楽しむ。ただ、隣の席の客がワシの観劇史上ワーストの輩家族ご一行様だったので、多少イラつく。ロビーで売り子をしていた劇作家に握手をしてもらったところ、「ありがとう」と声をかけられる。ミーハー炸裂で、「ごめんちゃい」。

* * *

7月13日。今年も「司会業」に精を出す。一時間の持ち時間があったのだが、皆さんのご協力によって、スムーズな議事進行となり、30分ほどで終了してしまう。つぎの予定まで長めの休憩時間が生じてしまい、妙に手持無沙汰となる。前日は、2時間以上の会議の音頭をとることになったのですがね……。それはさておき、「学会の成功は弁当のクオリティによって左右される」というテーゼをえる。

 

猛暑到来……。

意味深か、仲良しか。

18日。会議があると言っているのに、そこに別の会議の予定をかぶせてくる輩がいるので、「あんた、被せるのがとことんお好きですなぁ~」と、ちびまる子ちゃんみたいに言ったとか、言わなかったとか……意味深か。

* * *

16日。いきりたつ人がいるので、少々ヤヤコシイことになってきた。

* * *

7日。オジイチャンに会う。いつものように、待ち合わせ時間の20分ぐらいまえにお互い来てしまう。遅めの昼食をとりながら、気がつくと3時間ぐらい話をしている。おもにしていたのは「相続」の話なのですが、それで3時間とは……仲良しか。

眠いわ……。

詠み人知らず

令和でも 不毛な会議 二時間越え (詠み人知らず)

 

キルケゴールが「自分は33歳までに死ぬのではないか」という不安にさいなまれていたことを知り、「ワシはやはり凡人だな」と思ったしだいなり。

 

エーゴ教育は人を不要に熱くするし、それが自分の思い通りに事を運ぶアリバイにもなっている。いろいろと講釈述べてくれるのはよいが、それで学生の向学意識は高まるのかね……。もっとココロを鎮めて冷徹な現実を両眼で眺めてみなさい。

 

あほか……。

 

 

 

 

 

令和もやはり疲れてます

令和もやはり疲れてます。

 

一週間前に突然「来週〇曜日〇時限目に会議やるから来い」と言われても、行けるわけないだろ。お前らみたいに暇人なら「はいよ」と答えられるのかもしれないが、ワシはもう何週間もまえからそこは予定でうまっておるわ。あほか、なめるな。

 

17日。『ハムレット』@コクーン。二階席の奥は、さすがに舞台からは遠い。最初せりふが聞きとれなかったが、慣れてくると大丈夫だった。ハムレット役はaffect強めのせりふまわしだったように感じられた。

 

あほか……。

 

眼のまえにジュモクさん

22日。今日は卒業式らしい。お元気で。

アメリカからとりよせた古書の表紙をパラッとめくってみたところ、そこにPeter Stallybrassと読める署名が記されていた。これは本物なのかいね?

* * *

14日。『母と惑星について、および自転する女たちの記録』@紀伊国屋ホール。キムラ緑子が圧倒的だった。初演はこの役を斉藤由貴がつとめていたとか。母を母たるものにしている属性が娘たちに分有されていく。娘たちはそのことを嫌いつつも欲してしまう。「重石」。『世界は一人』@東京芸術劇場プレイハウス。「知らない人でいこう 出会い直そう」。松たか子の声は相変わらず美しい。ワシの眼のまえに、「ジュモクさん」が座ったので、いささか吃驚した……。

花粉症でつらい……。

 

動物園に行く

19日。「足にまとわりついてくるのでネコは気持ち悪い」とテリー教授がおっしゃるのを耳にし、イヌ派のワシですら「あんた、相当なクズ加減でございますな」とココロのなかでつぶやいてしまった。

* * *

18日。リンダ・コリー『イギリス国民の誕生』を読み終える。毎回思うが、長いですな。「(カトリックのフランスとは異なり)イギリスは神の祝福をえたプロテスタントの国だから苦難にあっても最終的には救われる」というのはメロドラマ的想像力だな。田村秀夫『近代社会とは何か--ケンブリッジ学派とスコットランド啓蒙』を読みはじめる。そして、1時間半ほどの打ち合わせに出る。

* * *

16ー17日。ひねもすのたりのたりかな。

* * *

15日。息子氏を連れて動物園に行く。キリンやら、ゾウやら、ライオンやら、サイやら、コアラやら、シャバーニやら……がいるのに、息子氏は鳩を追いかけて捕まえようとすることに大半の情熱をそそいでいた。あとは、池でボートをこぐ女子たちに手を振って、愛想をふりまいていた。

明日も会議……。